えびのらくがき

とある理系技術者の気晴らし雑記帳 読んだ本の紹介や科学コラムなど!

ベッドルームで群論を(ブライアン・ヘイズ)〜マットレスをどうやって裏返す?〜

f:id:ebikazuki:20190211004050j:plain

今回は、ベッドルームで群論を(ブライアン・ヘイズ)を紹介したいと思います。

数年前に書店でジャケ買いした、数学コラム集です。

内容

著者のブライアン・ヘイズは、アメリカの科学雑誌American Scientistにて記事や書評を執筆する記者。
群論、万年時計、ランダムさ、命名法、遺伝学などに関する、数学コラム全12編をまとめたハードカバー本です。1コラムあたりの紙量は約20〜30ページ程度であり1編1編がかなりしっかりめに書かれているので、読み応えがあります。
 
 

感想

ユニークな視点で日常に潜む数学について論じていて、サブタイトルの通り数学的思考を存分に愉しめる一冊でした。どのコラムも趣向を凝らした内容で興味深く、著者は数学者ではなさそうですが科学コラムニストとしてのセンスを感じる内容だと感じました。

マットレス問題について

様々なコラムが一冊にまとめられているのですが、印象的だったコラムはやはりタイトルにもなっている第1編の”ベッドルームで群論を”でした。内容は以下のようなものです。彼は日頃、一定期間ベッドを使用しているとマットレスのお尻が沈む箇所がへこんでしまうことを嫌って、マットレスの向きを変えたり裏返したりしていました。しかし前にどの向きで寝ていたかを忘れてしまうことが多く、彼はうまいやり方はないかと悩みます。長方形のマットレスの場合、裏を含めて4つの向きで使用することができますが、”ある一定の操作”を繰り返すことで全ての向きを順繰りに使用できる”マットレス返しの黄金律”はないものかと、考察してみるのでした。ここで登場するのが”群論”です。群論代数学の分野に属する考え方で、これを使えばものの単位操作(ここではマットレスの返し方)を演算として扱って考察することができます。
 
考察の結果、、、残念ながら”マットレス返しの黄金律”は存在しないことがわかったのでした。残念!!笑
本書では良い結果は得られませんでしが、このように難しそうな数学の一分野も、身近な具合例に当てはめて考えるととても面白く自分でも何か考察できる具体例はないものかと考えてしまいます。他にも様々な数学分野のコラムが収録されていて、新しい分野を勉強する入り口としては非常に良い一冊ではないかと感じました。

 ブライアンヘイズという筆者について

この本を読んで、ブライアンヘイズという著者に興味を持ち、他の著書も読んでみたいと思いました。
ただネットをパッと調べた限りでは日本語に訳されたものはこの一冊以外に見当たらず残念な結果に終わりました。もしご存知の方がいれば教えてください!

 評価

295ページ
おすすめ度 ★★★★☆
装丁のおしゃれさ ★★★★★
マットレスを返したくなる度 ★★★★★
ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方