えびのひらめき

理系技術者による科学と本のブログ

タバスコのスコヴィル値(辛さ)を定義に従って測定してみた。

タバスコ

タバスコ

最近家でよくピザやパスタを食べるのですが、何か物足りなさを感じています。

何が足りないのか?そうそれはタバスコです!

ということでスーパーでタバスコを購入して家に常備することにしたのですが、そんな時ふとこんなことを思いました、『辛さの単位って何なんだろう?』と。

調べてみると一般的にスコヴィル値というものが使われているということがわかりました。調べてしまったからには実際に自分の手(と舌)で測定しないと気が済まない!ということで、タバスコのスコヴィル値を測定してみました。

スコヴィル値とは

 スコヴィル値とは、スコヴィルという単位を使って辛さの程度を表した値のことを言います。

定義:辛みを感じなくなるまで砂糖水で薄めた時の希釈倍率

となっており、スコヴィル値が大きいほど辛いということになります。

スコヴィル値のおおよその目安としては、下図の通り一切辛みの無いピーマンで0、胡椒で100〜500、タバスコで2500〜5000、ハバネロで10万〜35万程度と言われています*1

スコヴィル値の目安

スコヴィル値の目安

予想

上記の通り既にタバスコのスコヴィル値が2500〜5000と書いてしまいましたので言うまでも無いですが、この辺りの数値が目安となりそうです。

測定方法

希釈用器具

希釈用器具

今回は、300mL計量カップと、2.5mLの1/2小さじを使用して希釈液を調製しました。希釈濃度としては100倍、1000倍、2500倍、5000倍の4つの希釈液を準備して検証を実施しました。
なお、今回希釈に使う砂糖水の濃度は5wt%として検証しました(気の抜けたサイダーくらいの甘さ)。

下の写真の通り、濃度を薄くするにつれて希釈液は透明度になっていきます。

タバスコ希釈液

タバスコ希釈液(左から100倍,1000倍,2500倍,5000倍)

また、今回の測定では、一般的な米国製タバスコペッパーソースを使用しました。

タバスコ ペッパーソース150ml

タバスコ ペッパーソース150ml

 

結果

先に辛みを感じてしまうと感覚が麻痺してしまう恐れがありますので薄い方から試してみました。

5000倍希釈液:うーん、全く辛く無い。微塵も辛みを感じない。

2500倍希釈液:おや、ちらっと辛みを感じるぞ。

1000倍希釈液:うん、間違いなく辛みを感じる。

100倍希釈液:辛い。

ということで、えびかずきが辛みを感じたのは2500倍希釈液でした。ということは今回の測定ではタバスコのスコヴィル値は2500〜5000の間であるということがわかりました。

ちなみに追加実験として、妻にも同じ実験を試してもらいました。結果、辛みを感じたのは100倍希釈液で私とは大きくことなる結果でした。この測定、かなり個人差が出そうです。

まとめ

えびかずきの味覚による測定では、タバスコのスコヴィル値は2500〜5000となりました。一般的な情報とも合致しており、私の辛みに対する味覚は標準的であると言えそうです。

ただこの定義に従って測定を実施すると結果にも書いた様に、色濃く個人差が出てしまいす。これでは当然正確な数値を出すことができませんので、現在は辛み成分であるカプサイシンの量を直接分析により定量してスコヴィル値に焼き直している様です。まあそうしないと人がやってたら測定自体も労力がかかって大変ですよね。